MFクラウド確定申告ソフトを使ってみましょう

img_3
個人事業主の経理作業はこれ一つでOK

 

 

-スポンサードリンク-

MFクラウド確定申告ソフトを使ってみましょう

mfクラウド

ログイン前のTOPページはこんな感じです。

(これは法人向けページとなっていますので「個人事業主はこちら」をクリックしましょう)

 

 

プランの説明

料金

まず「フリープラン」は月間仕訳件数15件という時点で使えません。

「ベーシックプラン」もしくは「あんしん電話サポート月ベーシックプラン」の二択となります。

 

私は電話サポートなしの「ベーシックプラン」にしました。

 

 

ログインしてみましょう

契約をしてログインをするとホーム画面が表示されます。

ホーム画面

このように、左側にメニューが表示されます。

これがMFクラウドの基本画面となります。

中央の部分は私がすでに銀行やクレジットカードと連携をさせているのでその情報が表示されていますが、この方法は後日説明します。

 

 

各種設定

事業所の設定

仕訳をする前にいくつか準備します。

そのひとつが「事業所の設定」です。

メニューの≪各種設定→事業所≫をクリックすると以下の画面が表示されます。

設定事業者

必須のところは間違いのないようにしましょう。

申告区分の「白色」と「青色」、あと課税形式は重要です。

おそらくせどり始めて何年も経っていない方は「免税業者」なので深く考える必要はありません。

 

課税事業者の場合、せどりの売上やアフィリエイトなど課税売上がメインとなる場合は「個別対応方式」で良いかと思います。

非課税収入がある場合は「一括比例配分方式」の方が税金が安い場合があるのでシュミレートする必要があります。

 

残高の設定

メニューの≪各種設定→開始残高≫をクリックすると以下の画面が表示されます。

設定残高

会計期間の1月1日時点の金額を記入しましょう。

ない科目があれば次の「勘定科目」の設定で追加します。

 

勘定科目の設定

メニューの≪各種設定→勘定科目≫をクリックすると以下の画面が表示されます。

設定科目1

初期の状態だと使わない科目もいっぱい表示されているので、不要なものは非表示にしたり、自分で使いたい科目もしくは補助科目を新たに作ったりします。

詳しくは別途説明します。

 

勘定科目は状況に応じてカスタマイズするとかなり使いやすくなると思います。

気になったら都度変更できますので、使いこなしていきましょう!!

 

 

 

次回は外部データとの連携について説明します。

お申込みはこちらからどうぞ☆

 

冬アイコンのままで申し訳ありません…
1212
各種お問合せはこちらのメールフォームからお願いします。

 

ノラおすすめツール&教材

★個人事業主の経営+税金攻略マニュアル★
教材

ノラの税金対策に特化した教材です。

・節税して利益を守りたい
・青色申告をしてみたい
・税金や経理についてもっと知りたい

などなど!ノラが今までブログやメルマガで発信してきた内容+αが詰まっています
個人事業主だけでなくサラリーマンの方でも節税は可能です

 

★プライスター★
pricetar
せどりの価格改定ツールです。
これ一つで出品作業+自動価格改定+売上管理ができる優れモノ!!

★モゲステーション★


せどり全般を学べる教科書的な教材です。
チャットワークや定期的に開催される交流会でメンバーとのやりとりも活発に行われています。

★29カレッジ★


ブログ作成・アクセスアップなどネットビジネスのための教材です。
ワードプレスでのブログの作り方が動画付で掲載されていて本当に分かりやすいです。

-スポンサードリンク-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)