開業届・青色申告の書類と提出期限はいつ?

20120123134646
分かりやすいようにまとめてみました。

 

 

-スポンサードリンク-

開業届・青色申告の書類と提出期限はいつ?

開業届について

個人事業主になったら『開業届』というイメージですが、
実際これを出すかどうかは個人の気持ち次第で、義務でもなければ出せば得するということもありません。
(※青色申告をする場合は必ず提出します)

原則として開業してから1ヶ月以内に提出という定めがあります。

 

書類のダウンロードはこちら(国税庁HP)

個人事業の開業・廃業等届出書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

提出期限:原則として開業してから1ヶ月以内

 

 

確定申告を青色申告でする場合は

確定申告を青色申告で行う場合には必ず事前に書類で申請を行います。
絶対に出すのが『所得税の青色申告承認申請書』という書類です。

 

身内にお給料を支払いたい場合は、
『青色事業従事者給与に関する届出・変更届出書』
『給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書』
『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』
という書類も一緒に提出しましょう。
(この書類は3つ1セットで提出するのが基本です)

 

提出期限に関しては、継続して事業を行っている人はその年の3月15日まで、
新規で事業を始めた人は事業開始の日から2か月以内となっております。

新規に開業する方に関しては3月15日を過ぎても青色申告ができるというわけです!!

当日税務署に行けない場合は郵送でもOKです。
期限日の消印があれば受け付けてもらえますが、早めに提出するようにしましょう。

 

書類のダウンロードはこちら(国税庁HP)

所得税の青色申告承認申請書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

青色事業従事者給与に関する届出・変更届出書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/13.htm

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_11.htm

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_14.htm

提出期限:その年の3月15日まで(新規事業者は事業開始の日から2か月以内)

 

源泉所得税とは

会社が給料を支払う、つまり従業員は所得を得るので(源泉)所得税がそこに発生します。
しかし、従業員は雇われているので自ら支払うことはありません。会社が代理で支払います。
会社は(源泉)所得税を一時的に預かり、それを税務署に納付しに行きます。
(お給料から所得税が引かれているのと同じ理由)

毎月お給料を支払うと毎月納付しなければいけないのですが、
『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』を出せば6か月に1度の納付で済むので大変便利です。

 

 

書類の提出について

記入した書類ですが、一枚は税務署に提出しますので、
控えが欲しい場合は全ての書類を2枚ずつ用意するようにしましょう。
(一枚書いて、コピーしてもOK)

持込みの場合

持ち込みの場合は、全ての書類を受付の人に渡して下さい。
受領印を押してもらって一部を返してもらえばそれで完了です。

郵送の場合

郵送の場合は、書類を折り曲げなくても良いようにA4の封筒に書類2部・返信用封筒(切手要)を入れて税務署に送りましょう。
後日、受付印を押した書類が一部返送されてくるはずです。
青色申告の場合は期限日までの消印があれば有効です。

 

書類の控えは大切に保存しておきましょう。
あまり使うことはありませんが…(笑)

 

 

開業日・事業開始日って?

書類の提出の基準にされている【開業日】や【事業開始日】ですが、実際はそれ自体が曖昧なものです。笑
自分で書類に書いた日付がそれになりますからね。

例えば開業届の『開業してから1ヶ月以内』というのは、開業届の提出時に開業日を一ヵ月までさかのぼって設定できるという解釈で良いのではないかと思います。

例えば提出日が今日、2月9日になったとしても、1月1日を開業日にしても問題ありませんよということではないかと。
(これだと一ヵ月以上経ってますが、おそらく何も言われないでしょう…笑)

 

ただ、青色申告承認申請書を提出する場合は、『(新規事業者は)開業届に記載した開業日から2ヵ月以内』という決まりがあるのでそれを守るようにしましょう。

 

 

勉強になったよ!!(?)という方は押して貰えると嬉しいです★
kG5u_or0YrtzMaQ1447311117_1447311239

 

全ての個人事業主に

不定期メルマガ配信中です↓

元経理主任ノラの経営にまつわるあれやこれ

2015年の確定申告について解説しています↓

ノラとせどりのあれやこれメルマガ~確定申告2015ver.~

※もしエラーなどが出てしまう場合はこちらのメールフォームから連絡お願いします。

 

有料スカイプ相談始めます

期間・・・2月1日~20日くらい
料金・・・1回5000円(前払い)

1回あたり1~2時間を予定
☆限定10名☆

内容は、確定申告・せどり・経営全般について何でもOKです。

申し込みはこちらのメールフォームからお願いします。
24時間以内にお返事します。

※相談内容は実際と多少違っても構わないので何かしら書いて下さい。
※記載内容でイタズラっぽい人は無視します。(名前は本名でなくてもOKです)
※スカイプの使い方は自分で調べて下さい。

 

-スポンサードリンク-

コメント

  1. ひな より:

    ひなと申します(o^^o)
    開業届けは会社員ではだせないですよね?
    どこかのサイトで会社員でも出せると記載があった気がしますが、、、
    またノラさんは古物商を取得していますか?
    質問ばかりで申し訳ありません(>_<)

    • ノラ より:

      ひなさんはじめまして^^

      開業届けは会社員でも出せますよ。
      確定申告関係の書類が自宅に送られてくるくらいで、
      開業届けを出しただけでは会社にもバレることはまず無いです。

      古物商は、最近ですが取得の申請を出しました。
      申請から1~2ヵ月かかるそうなので今は結果待ちです。
      買い取り業とかしないので、別に要らないとは思うのですが一応取る事にしました^^

  2. ひな より:

    返信ありがとうございます(o^^o)
    せどりはまたまだ新人レベルですが手ごたえを感じているため、開業届けを検討してみます!
    ありがとうございました(≧∇≦)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)