せどり月商100万円はお金があれば誰でもできる

A colourful educational background with scattered numerals on a white surface, conceptual of learning numbers
数字のフシギ

 

 

 

-スポンサードリンク-

せどり月商100万円はお金があれば誰でもできる

自分に合った目標設定を

先日、こんなものを見つけました。

http://unohama-asp.com/l
(※他サイトに飛びます)

卯野浜良弥って聞いたことあるなと思ったらプライスターでずっと売上1位の人でした。

大物ですね・・・・・
せどり塾みたいなものをするのかな?

とりあえず結果を出している人なので無料で何か情報を得られたらと登録してみました。

セドリームの時も無料動画全部見ましたが、結構使えそうな情報もあったので。

 

いつもはこの感じの広告を見たらすぐページ閉じるのですが、笑
ちょっと読んでみようと思ったのは、年商の下にちゃんと利益が記載されていたからです。

月商年商だけを自慢しているページはあまり好きではありません。

 

 

「月商100万」って、せどりしてるとよく聞くフレーズなのですが、
そしてその度に思うんですが、

資金がいくらでもあればそりゃ簡単ですよね?って。

利益度外視で1万円で売れるもの100個仕入れしたら月商100万ですよ。

 

逆に、資金が10万しかない人はそう簡単にはいきません。
1000円仕入で1万円で売れるもの100個なんてそうそう無いです。

 

せどりを始めた頃は「月商100万」という言葉に惹かれましたが、

最初だからこそ自分に合った目標を設定すべきだと思います。

 

 

せどりは「複利」でお金を増やすビジネス

あと先ほどのサイトの中にこんな文章が。

~~~~~

せどりは「月利」で20%のビジネスなので「年利」240%です。
「年利」3%で借りる事が出来ればまさに錬金術になります。

~~~~~

確かにそうですね。
でも一般人…信用のない個人事業主に銀行さんはお金を貸してくれません。
法人口座すらハードル高いというのに。。。

 

でもま、本当に「月利20%」なら、

最初30万の資金で回したとして、7か月後に100万になります。

そして1年後には200万になります。

 

そう考えると確かにせどりは魅力的ですね!!!(今更)
20%はちょっと厳しいかなとは思いますが…

この意味が理解できていれば、なぜせどりしててお金が増えないのかが分かります。
そして将来設計がしやすくなるんじゃないかと思います。

 

 

今日は思いつきで書いてますが、書いてて面白かったので
次から何回かに分けて『せどりの数字』について書いていきます。

 

そして、
何でノラのお金が増えないのかを解明します。笑
つーか増えてるのか分からない…

 

 

 

読んでくれてありがとう、ゴミ・・・いえ、読者さん。
sedori
健康保険納めにいかねば・・・

-スポンサードリンク-

コメント

  1. やまびこ より:

    はじめまして、やまびこと申します。

    月商100万円は誰でも可能ですね。お金があればですが。できれば月収手取りで100万円を目指したいですね。

    融資に関していえば、日本政策金融公庫などはハードルが低く、借りやすいと思います。若年者、女性企業向けのプランもありますしね。

    月利20%は中古品を扱えば余裕ではないかと。後々消費税の課税が始まると嫌でも高利益率に目が向くと思います。

    • ノラ より:

      はじめまして!
      コメントありがとうございます*^^*
      手取りで100万は私も目指したいです!!
      融資も安定して借りられることと、安定して(売れるものが)仕入れができるのであれば取り入れるのもアリだと思います。

      月利20%はその月に仕入れた商品が全て売れると可能だと思いますが、
      実際はそういうものではないので甘く考えてはいけないという意味です。
      中古を扱うか新品を扱うかでも変わってきますしね。
      やまびこさんみたいに、後々のことまで幅広く考えられる方は心配ないですね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)